知りたいけれど今更誰にも聞けない!葬儀に関するミニ知識をたっぷり紹介

複数の会社から見積もり取る比較検討作業は、葬儀に掛かる費用を抑える有効な手段の一つです。
冠婚葬祭は参列する人が増えるほど、会場の希望が大きくなり提供する料理の費用もかさむことになります。
家族葬を選択して親類や家族だけに限定するなど、参列者を絞りこむだけでも大幅に予算の削減は可能です。
ただし、参列者の限定は受け取れる香典の総額も少なくなるので、費用の補填に充てることが難しくなるというデメリットもあります。

知りたいけれど今更誰にも聞けない!葬儀に関するミニ知識をたっぷり紹介

費用が高額になりがちな葬儀をお得に済ませるコツの一つが比較検討です。
葬儀を専門としている会社は日本全国に点在していますが、費用はそれぞれ違います。
同じ葬儀内容で数万円以上の差が出ることもあるので、数社から見積もりを取る比較検討作業は基本です。
宗派の設定をしない無宗教葬にしたり、規模を小さくして参列する人数を限定することも、費用を抑える豆知識になります。
ただし、参列者が少なくなると香典による費用の補填が難しくなるので注意が必要です。

故人を尊ぶ葬儀が表す重要な意味とは

コロナ禍の今、生死がとても身近に感じられる世の中になっています。
逆に言えば、コロナ禍だからこそ密を避けるために葬儀を行うのを躊躇っているという方も多いかもしれません。
前提に、やる・やらないは個人の自由ですが、葬儀というものに大切な意味合いがあることは知っておいて損はないかもしれません。
葬儀とは一般的な定義として、人の死を弔う儀式とされています。
ちなみに、葬式はこれと同じ意味と捉えて問題ありません。
こういった一連の儀式を通して、死という現実を受け入れ、参列者と共にその悲しみや故人との思い出を共有することができることが願われています。
また、この儀式は1つの節目としての役割も果たし、新しい生活へと繋がる扉に導きます。
もちろんこれらは本来儀式がもつ特徴であり、感じ方や捉え方は人それぞれです。
しかし、日本だけではなく世界中で葬儀というものが行われているのは、この儀式が生と死と向き合える大切な時間だからではないでしょうか。

葬儀はいつから行われるようになった?葬儀の歴史

日本の葬儀は、日本に仏教が伝来されたする538年もしくは552年から600年経過した鎌倉時代から室町時代にかけて一般庶民の間でも執り行われる様になったとされていますが、古事記の神代から殯と言う形で執り行われていました。
殯は、卑弥呼の一節でも知られている魏志倭人伝に記載されている日本古来の葬送儀礼であり、日本の葬儀の歴史の始まりです。
殯は、万葉集であらきのみやと呼ばれる宮を建築して遺体が腐敗すると共に白骨化するまで長期間安置する葬送儀礼であり、身分が高いほど遺体の安置期間が長く天皇の場合には2年以上の月日を要したとされています。
この儀礼は、精神的な死だけでなく白骨化と言う肉体的な死を確認する行為であり、昭和天皇が崩御した際には2ヶ月間遺体が安置されました。
しかし、現在の天皇は、殯を実施しないと明言すると共に荼毘に伏すとしており、3000年近く続いて来た日本独自の葬儀の歴史に幕がおりそうです。

葬儀について生前に話し合ったおきたい重要事項

冠婚葬祭は我々人間にとって大切な儀式です。
結婚式では親族や友人にお披露目し、祝福してもらって心を新たに家族をしっかり築いていくことを決意できます。
葬儀では多くの人に弔ってもらい成仏するために欠かすことのできない儀式でもあるんです。
家族が亡くなると、故人を成仏させるためにかならず葬儀を行わなければなりません。
だがきちんと故人と生前は葬儀について話し合っておかないと、故人が満足できる葬式にならない可能性があるんです。
具体的には自分が亡くなった時に、どういった形式の葬式をしてほしいのか、葬式の為の予算はどれくらい確保しているのか、どの範囲まで訃報を伝え葬儀に参列してもらいたいのかなどをしっかり聞いておく必要があります。
タイミング的には定年退職を迎えた時、古希を迎えた時、喜寿を迎えた時などに改めて確認しておくのがベストです。
そして重要なのは交友関係や知人、会社関係の人の連絡先を聞いておくことが大事です。

一体いくらかかる?葬儀にかかる費用の相場

葬儀にかかる費用の相場は、規模や内容など葬式の形式によって費用はかなり変動します。
葬儀にはさまざまな種類があり、家族など親族だけではなく、近隣の方や友人や会社関係などの方も参列していただく形式では約100~120万が相場とされています。
関西よりは関東の方が比較的高い傾向にあります。
家族や親族を中心とした近しい方のみで行う家族葬では約60~80万円で、お通夜を行わずに告別式のみ行う一日葬であれば約50~70万円程度です。
また、お通夜や告別式を行わずに火葬のみ行う形式の直葬では約25~35万円が相場とされています。
さまざまな形式がある中で直葬ははもっとも負担が少ないものとなります。
そして、基本プランの価格に加えて追加料金が発生するケースもあるので、実際に依頼する際にトラブルが発生しないように、事前に調べておくと良いです。
一番大切なことは、納得のいく方法で故人をお見送りできるかであり、故人や親族や希望される方法であることが理想的です。

葬儀に関する情報サイト
葬儀に関するミニ知識

複数の会社から見積もり取る比較検討作業は、葬儀に掛かる費用を抑える有効な手段の一つです。冠婚葬祭は参列する人が増えるほど、会場の希望が大きくなり提供する料理の費用もかさむことになります。家族葬を選択して親類や家族だけに限定するなど、参列者を絞りこむだけでも大幅に予算の削減は可能です。ただし、参列者の限定は受け取れる香典の総額も少なくなるので、費用の補填に充てることが難しくなるというデメリットもあります。

Search